WEBデザインの勉強だニャー

Photoshop・Illustratorのウェブデザインを勉強中!その他htmlやcss・javascriptの備忘録

Amazonプライムミュージック使ってみた感想

「Amazonプライム会員は追加料金なしで100万曲以上の楽曲と数百のプレイリストが聴き放題」をキャッチコピーに、Amazonプライムミュージックが本日2016年11月18日スタート。

使ってみて、「音楽サブスクはAmazonプライムミュージックに決まり!」と1日で決心するほどの充実サービス。

日テレのSENSORSで音楽サブスクサービスの特集を何度か視聴したが、あれをみて「AWAとAppleミュージックの二軸が主流となるのかな」と感じましたが、今日で考えが一変しました。

音楽配信サブスクリプションサービス激震の日ですね。

AmazonPrimeMusicレビュー

まず使ってみて、AWAやAppleミュージックに比べて、新譜が少ない印象。
ツタヤなどレンタル屋さんで新譜がレンタルされるのが少し遅いのに似ていて、ある程度リリースから経過した曲(アルバム・シングル)ともにラインナップされています。
音楽視聴はAmazonミュージックというアプリを使います。
これがまた使いやすい。PCならワンクリックでログイン認証すれば起動します。
ワンクリックで曲やアルバムがライブラリに保存されて、「こうしたい!」という行動がワンクリックで叶うサクサク感が超らくちんです。
そして他のサービスに抜きん出ているのが料金。
年間3900円で「動画も見放題」「お急ぎ便無料」もついてくる大盤振る舞い。

  • Amazon Prime Music 年間¥3,900(月額換算¥325)
  • Apple Music 年間¥11,760(月額¥980)
  • AWA 年間¥11,520(月額¥960)

※2015年11月18日現在

他社に比べてAmazon Prime Musicは、およそ1/3の価格!

そして何よりAWAやAppleMusicを利用してプレイリストを充実させてほしい、見やすくしてほしいという気持ちが未だにありますが、AmazonPrimeMusicは最初からカテゴリ分けがしっかりできていて既に数多くあるのが強み。

  1. 読書・勉強・仕事
  2. パーテォ&エンターテインメント
  3. フィットネス・エクササイズ
  4. 癒しとリラックス
  5. 通勤・ドライブ
  6. 気分

大きなプレイリストカテゴリから細かく分かれて、たとえば「読書・勉強・仕事」をクリックすると、「勉強がはかどるジャズのプレイリスト」や「読書しながら聴くクラシック」など充実しています。
(もちろん通常のアーティストや曲名などの絞り込み検索も、アマゾンでの買い物同様何かしら検索でヒットするから便利)

わたしはAmazonプライム会員という事もありますが、来月からはAmazonプライムミュージック一択にしようと思います。
(圧倒的な低価格・プレイリストの充実が決めてになりました!)

AmazonプライムミュージックをBGMで音楽流して、新曲が気になったらYouTubeでPVを確認する、このスタイルになりそうです。


他社音楽サブスクサービスは価格では太刀打ちできないけれど、アーティストの距離感はアマゾンより近いイメージがあるので、iTunesフェスティバルのような生演奏を有料会員向けコンテンツとして充実させていくしか活路はなさそうな気がしますね。
この価格差はあまりにも大きい...

Amazon Music

Amazon Music

  • AMZN Mobile LLC
  • ミュージック
  • 無料