WEBデザインの勉強だニャー

Photoshop・Illustratorのウェブデザインを勉強中!その他htmlやcss・javascriptの備忘録

rやgより愛が欲しい!『21世紀の資本』感想

発情期か猫の夜泣きがうるさく、水槽の熱帯魚は一日中ずっと雌を追っている。
そんな環境もあってか、春の息吹が何かこう焦りを感じる今日この頃。
理由はずばりパートナーがいないからでしょう(涙)
春ってなんでこうそわそわするのでしょうか、クリスマスは外に出なければ目に入ってこないですが、この二ヶ月は生物的に感じるものがありますね。
そんなソワソワする気持ちを抑えるように、先週末はピケティナイト。
猛烈に辞書並みに分厚い大著を読みまくりました!
700頁の大著一気に読破!

でもやっぱりrもgもいいけど、今は愛が欲しい。


f:id:h__n:20150303201700p:plain

トマ・ピケティ著『21世紀の資本』超簡単まとめ

『21世紀の資本』はパリの経済学者トマ・ピケティが200〜300年の富のデータを長年に渡り研究し「資本主義は格差を生み出す」という結論を導き出し出版した書籍。

RはRETURNの頭文字で、GはGROWTHの頭文字。

株や不動産の資産運用利益率rが所得の伸び率gを上回れば、資産を持つ者と持たざる者の間に格差が拡大する。
また人口減少社会では、所得より蓄積した資産が重要になり、財産の世襲を持つ者と持たざる者の格差は広がる一方。
21世紀の資本

21世紀の資本